音楽で人を勇気づける為には、技術だけではなく音楽に対する深い理解が必要です。楽器を演奏すれば両方身に付きます。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽に携わって音感を付ける

音楽は聴くだけではなく、カラオケで好きな曲を歌うなど娯楽に大きく関わっています。カラオケで好きな曲を歌うことで、ストレス発散になるだけではなく自分を元気づけることも可能です。また、技術を持っている人が歌えば、アーティストと同じく人を感動させたり勇気づけることも出来ます。その為には、より音楽に対して深い理解を得て技術も身につけることが大切です。

プロにならなくても歌に関しての技術は身につけられます。テクニックは重要ですが、一番重要なのは音楽に身を任せることです。上手く歌おうとしたり、技術に意識を傾け過ぎると人の心に響かない短調な音楽になります。心を込めて歌うことで、抑揚のあるバランスの取れた音楽に仕上がります。一番早く技術や音楽に対する理解を付けたい場合は、楽器を演奏することが大切です。楽器を演奏することで音楽に対する理解と共に音感も得られます。音感は非常に重要なことで、調が違っても正しく音を当てることが出来ることが大切です。そして、腹式呼吸を必ず身につけます。楽器を吹く場合は必ず腹式呼吸で演奏しますが、これを身につけるのが難しいです。お腹に息を貯めて、お腹の底から息を吐き出すという気持ちで呼吸します。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.