音楽は歌詞を作っても良いし聴いてもいいですしいろんな見方があるので楽しいと感じてしまうのです。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽は歌詞を作っても聴いても良いです。

休日はいろんな所で音楽を聴いています。今では演歌を中心に流れています。車の移動の間に流しているのでとても穏やかな気持ちになります。でも私の場合は昭和の歌が好きなので最新曲よりはいいと思います。でも時々自分で作詞をする時もあります。思いついたら歌っていたりもします。なんでも替え歌にする場合もありますがそんな時の気持ちはどうでもよい時だけです。しかしある歌を一曲暗記をしたこともあります。なんとか音程に合うことが出来たので良かったと思います。でもいろんな風景を見ながらこんな感じの歌があったリムカップルを見て理想な感じがあれば感動するのかなぁと思ったりもします。でも昔は短い歌もありました。二番がない歌詞もあったことです。最近では三番まであるので約五分ぐらい演奏ありです。でも歌詞によっては放送しても良いのか疑問になる場合があります。好きな歌詞でも最終的には違う歌詞になっていることもあるかもしれないです。

でも実体験の場合はとても苦労されてきたのだと思います。感動して涙を流す場合があります。そうすれば必ず売れると信じているかもしれないです。売れない歌詞は怒りを覚えてしまいます。喜怒哀楽が保っているかもしれないです。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.