音楽で楽しさや悲しさ、嬉しさを表現できるというのは素晴らしいことで、音楽を聴いて気分を変えるのはいいことです。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽で気分を変えよう

私は小さい頃から歌うのが好きです。ただ人前で歌うわけではなく、音楽を聴きながら口ずさんだり、人がいないところで好きなように歌うのがいいのです。ストレスを発散できるような気がするし、その時の気分に合わせて音楽を変えることで、楽しくなったり悲しくなったり、泣けたり、嬉しくなったり出来るのです。音楽には音やいろんな意味が込められた歌詞があります。そういう深い部分をきちんと考えながら音楽を聴くといろいろと考えさせられたりもします。暇をつぶすときにも音楽を聴いているだけであっという間に時間が過ぎる感じがする時もあります。

音楽というのは人に想いを伝えたり、共感を得たりするのにもいい手段だと思います。人を元気付けられるような歌手になりたいという夢がある人もいると思いますが、世界に一人だけでも自分が発信する音楽を好きになってくれる人がいるというだけでも素晴らしいことで、万人に好かれる歌手になるというのは高望みなのかもしれません。ただ一人だけでも元気付けられたらそれが自分の自信になり、音楽というものの力だと思います。音楽だけで生活できる人は一握りかもしれませんが、アルバイトなどもしながら音楽を続けたいと頑張る人の輝きは素晴らしく、人間としても成長できることだと思うので、夢を追い音楽を続ける価値はあると思います。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.