音楽には、主にたくさんの種類のを聞くこと、歌うこと、聞きながら感傷に浸ること、いろいろな楽しみ方があります。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽の楽しみ方について

音楽というと、一番に思いつくのは聞くことです。幼稚園のころから、いろんな歌を聞きます。思春期の頃には流行しているJPOPを聞き始め、好きになった人はそのころからいろんな種類の音楽を聞くことになります。ロックバラードラップパンク、音楽の種類はさまざまであって、自分のお気に入りが必ず見つかるはずです。年配になってくると、演歌を好きな人も多いです。

音楽は歌うこともできます。俗にいうカラオケです。歌うことが上手で好きな人、単に騒ぐのが好きな人、歌うことでストレス解消すること、いろんな楽しみ方があります。その曲を覚えるのも、上手に歌うことができるよう練習するのも楽しいし、歌うことでテンションがあがってくる場合もあります。

音楽は、その時の心の感情に訴えかけます。聞いたときの感情、時期、その音楽を聞いて思い出すこともあります。今この感情だから、この曲を聞きたい、そういった場合もあります。好きな曲は楽しくなってテンションがあがります。音楽は、人の心に侵入します。ある歌手はお気に入りの歌詞が多い、ビジュアルがカッコイイでも、その歌手のファンになって毎日が楽しくなります。ファンクラブに入ったりコンサートに行ったりさらに楽しみが増えます。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.