世の中にはいろんな音楽があります。歌謡曲、演歌、ポップス、民謡...。いずれも私達の心を和ませてくれます。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽は人の心を和ませ、リラックスさせてくれます。

私達が生きているこの世界に音楽がなかったら、と考えると私はぞっとします。なぜならば、私は音楽が大好きだからです。テレビを見ていても、ラジオを聞いていても、音楽を聞かない日は絶対にありません。音楽は私達人間の体の一部になっていると言っても過言ではないと思います。私の場合、小さい頃から音楽が好きでした。特にこのジャンルが大好き、というわけではありませんでしたが、いいなと思った曲とかはレコードを買ったり、カセットテープに録音したりして何度も繰り返して聞いた記憶があります。今の若い方々にレコードだのカセットテープだのと言ってもピンと来ないかも知れませんね。

昔は現在のように、音楽を携帯電話やスマートフォンで好きな曲をその場ですぐ買ったりすることなどできませんでした。曲を手に入れるのも容易ではなかったのです。好きな音楽に合わせて歌ったり、カラオケに行ってストレスを解消したりと、とにかく音楽は好い事づくめだと思います。また、私にとって音楽はドライブに絶対に欠かせないものです。やはり、朝、昼、夜と、またその場の風景に合わせていろんな音楽を聞き分けることもかなり楽しいことだと思います。一人でのドライブの時にはどれだけ大きな声で、どれだけ下手な歌を歌っても誰にも迷惑を掛けるわけでもありませんし、本当に音楽は私にとってはストレス解消とリラックスの道具と言っても過言ではありませんし。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.