今の世の中、至る所に溢れている音楽。音楽好きにとってはネット配信だけではなくCDも売れて欲しいと思います。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽はネット配信よりもCDショップに行きたい

今の世の中、街中に音楽が溢れています。殆どのお店にはBGMとして何らかの曲が流れている事でしょう。曲の好みというのは十人十色ですし、本当に様々な楽曲が数えきれない程出ている事に表れているでしょう。なので最近のヒットチャートには疑問を呈したい気持ちもありますが、その人が良いと言っている曲を否定する気はありません。皆が好きなように楽しめるのが音楽の魅力だと思います。

音楽好きとしてはネット配信が普及した事はとても便利な反面、CDショップの減少とう残念な面もあります。品揃えの良いCDショップに足を運び、思わずジャケ買いをしてしまったり、ショップおすすめの世の中に広まっていないアーティストの視聴が出来たり、色々な発見が詰まっている魅力があるだけにCDの売り上げ減少に伴ってそうした良いショップが減ってしまうのは少し残念です。またCDの売上減少は、ミュージシャンにとっても致命的であると思います。そしてネット配信で好きな曲だけダウンロードというのはミュージシャンの本意ではないでしょう。例えばアルバムは1曲では無く1枚で1つの作品になっているので、その思いを汲み取れないのでは無いでしょうか。

ただ、今は多くのアーティストがライブに力を注いでくれるのはファンとしては嬉しい限りです。ネット、CD、ライブそれぞれが上手くバランスを取って音楽業界が盛り上がってくれればと願っています。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.