音楽を聴く方法はCD等を聴くだけではありません。映像を観ることを含め、様々なチャンネルが存在しています。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽を楽しむための様々なチャンネル

音楽を聴く方法としては、かつはレコードやカセットテープ、現在においてはCDやMP3など、直接音楽媒体を専用機で再生することが一般的です。しかし、それ以外にも様々なチャンネルが用意されています。まずは従来からあるラジオです。アーティストがDJ役となって曲を流したり、作曲時のエピソードなど裏話が聴けるという点で現在でもお馴染みの人気チャンネルです。

アーティストの生演奏やライブを直に感じてみたいと思う人にはテレビ番組が最適です。MCも、音楽以外の様々な質問を出演アーティストに浴びせて答えを引出し、その人柄などを引き出してくれます。Jポップからロックや演歌の他にクラシックなど、様々な番組が現在でも放送されています。最近では有料チャンネルが特別編集した番組を提供する機会も増え、視聴者の選択肢が広がっています。

海外では新曲発表の際、音楽と映像を合わせたプロモーション・ビデオ(PV)を頻繁に発表していました。その流れを受け、日本でもPV作成が精力的に行われ、最近ではCDと一緒にDVD等のマルチメディアで発表する傾向になっています。ネットでは国内外を問わず様々なPVを試聴することが出来ますので、新たな自分のお気に入り曲を探しに、ネットサーフィンに没頭するのも良いかも知れません。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.