音楽業界ではレコードやCDの販売が主な収入源でしたが、時代が変わり販売媒体が様々に変化しています。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽業界の動向に伴う販売媒体の変化

音楽業界では、アーティストが創り出した作品をレコード等に録音し、それらを販売することで収入を得て来ました。しかしその媒体ソフトは次々と変化しています。かつてはレコードやカセットテープが主役でしたが、CDとMDなどの携帯性と手軽さに淘汰され、徐々にその存在感を失っていきました。今では再生機を探すことさえ困難になっています。そのCDも、パソコンで音楽を聴くダウンロード方式が導入されると、当初はその影響を受けつつも売上高は堅調に推移しました。

しかし現在、CDが売れない時代が到来し、主役の座も徐々にダウンロード版に奪われつつあります。レンタル・ショップでは依然としてCDの存在感は健在ですが、価格がレンタルと比べて高いため、購入には至らない場合が大半です。さらに、最近は若者がレンタルさえ利用しなくなり、無料で視聴可能なPVサイトで音楽を聴くという傾向に変化しています。

その一方で、DVDなどのマルチメディアやブロマイド写真を特典として併せて販売したり、握手など直にアーティストと会えるチケットなどを導入して、売上高が増加しているケースもあります。しかし、お金を払ってでも聴きたいと思わせる曲が今後も増えなければ、販売媒体が何であれ抜本的解決にはなりません。

PICKUP!サイト情報

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.