音楽は常に私の生活のそばにあり、ない生活は考えられません。私の音楽の楽しみ方について書きたいと思います。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽は生活の一部です。

普段慣れ親しんでいる音楽、もしこれが世の中になかったとしたらとても味気ない生活なのではないかと思います。私はジャンル問わず様々な音楽を聴きます。たとえば自分のその時の心境によって大いに変わります。ちょっと気持ちを上げていきたい、きょう一日がんばるぞ!というときはJPOPの応援ソングメドレーなるものを。たいていは自分がすごしてきた青春時代によく聞いていたものなどが聞けます。この曲が流行っていた時はみんなでよくドライブに行っていたなぁ〜、とかライブによく出かけたなぁ、など意外と鮮明に思い出したりします。

そして少しストレスなどを感じ疲れたりしてゆったりリラックスした気持ちになりたいときはクラシックを聴きます。このジャンルは全くと言っていいほど若い時は興味がなかったのですが最近になってよく聞くようになりました。有名なある作曲家の楽曲がリラックス効果にとても良い、ということを知ったのがきっかけです。そしてやはり不思議とゆったりとした気持ちになれるのです。よく昔からメロディーは耳にするけれどタイトルは知らないという楽曲が多いのですが「へぇ、こんなタイトルだったのか」と新発見できる場面が多いのも面白さがあります。少し気分を変えたい時やはり音楽の力は偉大です。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.