音楽は聞いて、演奏して楽しむことができます。聞く場合はCDや配信などで、演奏する場合は楽器などで楽しみます。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽〜聞いて楽しむ、演奏して楽しむ

音楽を楽しむと言った場合、そこには二つの意味が発生します。ひとつは、音楽を聞くと言った意味。もうひとつは、音楽を演奏すると言った意味です。どちらも趣味などとして楽しむ場合、その人の心を解放させ、ストレス解消につながります。心だけではなく、体にとってもよい効果をもたらすこともありますから、どちらの意味であっても音楽は私たちの生活に欠かすことができない存在であると言えます。

まず音楽を聞くと言うことについてですが、これは音楽が収録されたCDや、インターネットを通じて配信されている音楽データ、また実際に演奏されるライブなどで楽しむことができます。CDは販売店やインターネットの通販サイトなどで購入することができます。また購入するよりも安価で、一定期間借りることができるレンタルでもCDに触れることは可能です。大好きなアーティストのCDは購入して、少し気になっているアーティストのCDはレンタルをすると言うのも、お得に音楽を楽しむひとつの方法です。またインターネットを通じた音楽配信は、CDと同じ分量の音楽を、CD購入よりも安い価格で入手することができます。またCDに収録されているよりも、より高品質な音源を配信しているところもあります。アーティストなどのライブは、後日、その模様が記録されたDVDなどが販売されることも珍しくはありません。ですから、ライブに参加できなかった人も、それを観ることでライブを疑似体験することができます。

一方、音楽を演奏する場合、一般的には楽器が必要となります。しかしたとえば鼻歌、口笛など、楽器を使用せずとも音楽を演奏することも可能です。音楽を演奏するのは、ひとりでできる場合もありますし、たくさんの人と一緒にする場合もあります。演奏する音楽、楽曲、また楽器などによりそれは異なります。楽器は、ある程度、練習が必要です。そのことがストレスになると言うこともあるかもしれませんから、楽しむことを忘れないのが大切です。楽器によっては、普段の生活の中では使わないような体の部位を使う、脳を使うというものもありますから、体への良い効果も期待できます。

Copyright (C)2017音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.